×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



自作メニュー(PC型)


自作メニューは200X系だとピクチャーを多用するので作るのがめんどいです。
XPやVXの方が作るのが楽かもしれませんが、
今回はピクチャー1つで出来る簡単なメニューの作り方をお教えします。

RPG_RTは抜いてますので、2000、もしくは2003のRPG_RTをを入れて下さい。
サンプル

PCみたいにカーソルを動かして選択するタイプです。
ドット単位でぬるぬる動きます。

使うピクチャーはカーソルのみ↓

やじるし



サンプルはこんな感じ

決定で選択できる選択肢はキャライベントで設定します。
マップの大きさは最小の20×15
画面のスクロールによって指定位置のイベントを特定できなくなるのを防ぐためです。


スイッチは1つ、変数は9つ用意します。
スイッチ0001:スタート
変数0001:矢印X
変数0002:矢印Y
変数0003:矢印ID
変数0004:キー1
変数0005:キー2
変数0006:決定キー
変数0007:矢印Xコピー
変数0008:矢印Yコピー
変数0009:指定ページ(1P)



動作に必要なイベントは左上の2つだけです。
その他はメニューの選択肢です。



--------------------------------------------------------
★★★カーソルイベント
1ページ目
開始条件「自動的に始まる」
--------------------------------------------------------
◆変数の操作:【0001:矢印X】代入,160
◆変数の操作:【0002:矢印Y】代入,120←ここの変数でカーソルの初期位置を設定する
↑今の位置で丁度、画面の真ん中にカーソルを置くことになる
◆ピクチャーの表示:1,矢印,(V[0001,V[0002])
◆スイッチの操作:[0001:スタート]をON
--------------------------------------------------------


2ページ目 スイッチ0001:スタートがON
開始条件「定期的に並列処理をする」
--------------------------------------------------------
◆キー入力の処理:[0004:キー1]←キーが押されるまで待つ 無し、1と4のみチェック
◆キー入力の処理:[0005:キー2]←キーが押されるまで待つ 無し、2と3のみチェック
◆条件分岐:変数[0004:キー1]が1←下を押されたときの処理
 ◆条件分岐:[0002:矢印Y]が224より小さい←下にいける限界座標を設定する
  ◆変数の操作:[0002矢印Y]加算、2
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0004:キー1]が4←上を押されたときの処理
 ◆条件分岐:[0002:矢印Y]が16より大きい←上にいける限界座標を設定する
  ◆変数の操作:[0002矢印Y]減算、2
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0005:キー2]が2←左を押されたときの処理
 ◆条件分岐:[0001:矢印X]が16より大きい←左にいける限界座標を設定する
  ◆変数の操作:[0001矢印X]減算、2
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0005:キー2]が3←右を押されたときの処理
 ◆条件分岐:[0001:矢印X]が304より大きい←右にいける限界座標を設定する
  ◆変数の操作:[0001矢印X]加算、2
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:分岐終了
◆ピクチャーの移動:1,(V[0001],V[0002])、0,0秒

--------------------------------------------------------

キー入力を「上と下」、「右と左」と分けたのは、カーソルをスムーズに動かすためです。


--------------------------------------------------------
★★★決定キーの処理 
スイッチ0001:スタートがON
開始条件「定期的に並列処理をする」
--------------------------------------------------------
◆キー入力の処理:[0006:決定キー]←キーが押されるまで待つ と決定キーにチェック
◆条件分岐:[0006:決定キー]が5
 ◆変数の操作:[0007:矢印Xコピー]代入、変数[0001]の値
 ◆変数の操作:[0007:矢印Xコピー]除算、16
 ◆変数の操作:[0008:矢印Yコピー]代入、変数[0002]の値
 ◆変数の操作:[0008:矢印Yコピー]除算、16
 ◆変数の操作:[0009:指定ページ(1P)]代入,1←選択肢キャラの呼び出すページ数を入れます
 ◆指定位置のイベントID取得:(V[0007],V[0008])、[0003:矢印ID]
 ◆条件分岐:変数[0003:矢印ID]が3以上←選択肢キャラのイベントIDの最小と最大を決めて設定します
  ◆条件分岐:変数[0003:矢印ID]が22以下
   ◆イベントの呼び出し:V[3][V[9]]
   ◆
  :分岐終了
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:分岐終了

--------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------
★★★選択肢キャラ
開始条件「決定キーが押されたとき」
--------------------------------------------------------


ここは何でもいいです。それぞれの用途に合わせて設定しましょう。
サンプルでは文章を表示させるようにしています。

--------------------------------------------------------

以上です。

RTPのみでつくるとこんな感じですが、
ピクチャーで演出を作ればもっと見栄えが良くなります。



戻る
フレームを表示する